山田言

思いのままに綴ります。はい。

体外的

私です。

最近牡蠣製脳味噌と言う言葉を使っているが、馬鹿の一つ覚えだと崖上から岩場を見る好き者どもに指さされて笑われるのも嫌だし、第一私の体の構造が訳の分からない物だと判明してしまうので、この脳はもうちょっと別のところに使うとする。

因みにだが、脳が牡蠣なら頭蓋は牡蠣殻。

 

さて、正直私の記事を見る方は何が目的なのだろうかと本気で思案するのもいいが、それは即ち、仮にも私を認めて下さっている方々を疑うと言う失礼極まりないことであるので、やらない。やらないのにあえて言う。

 

それで、このような記事と言うものは、記事と言う名を冠するわけだから何か意義のあることを書かなければならないし、そうあるべきだと思っている(もちろん他人を笑わせる等の意義も含めての話である)。

 

だが、再三言っている様にネタが無い。

じゃぁ書くな?もっともで御座います。じゃあ退散するほか手段はない。

それでは。